私たちにできること

私たちにできること

梅光児童園では2歳半~18歳 (必要な場合は20歳) までの子どもたちが生活しており、地域の学校や幼稚園に通っています。
子どもたちが暮らす「家」としてだけではなく、外部機関と連携し、地域の子どもたちへの支援も積極的に行っています。

タイトル飾り

子どもたちが暮らす「家」

子どもたちにとって、梅光児童園は日々生活する「家」であり、共に過ごす職員は家族のような存在でもあります。
安心して毎日が過ごせるように、子どもたちの生活に寄り添っています。
そして、家庭へ帰ったり、夢と希望を持って社会へ巣立っていくことを支えています。

  • 小舎制

    小舎制

    梅光児童園は家庭的養護を目指し、
    伝統的に6~8人ずつの小舎制の形を取っており、
    現在は3棟の小舎(ホーム)で生活しています。
    ホームの中には生活に必要なユニットがそろっており、
    子どもたちは基本的に個室で生活しています。

  • 生活

    生活

    朝起きて「おはよう」。
    朝ごはんを食べて「いってきます」。
    学校から帰ってきて「ただいま」。
    遊んだ後はみんなで 食卓を囲み「いただきます」。
    各々自分の時間を過ごし、
    翌日の準備をして、「おやすみなさい」。
    ふつうの暮らしが営まれています。

  • 外出

    外出

    季節に合わせ、サイクリングや登山、
    スキー・スノーボード、旅行に出かけたりします。

  • 心理ケア

    心理ケア

    心理療法担当職員が必要に応じて、
    子どもの相談にのったり、
    遊びなどを通して個別的な関わりを行っています。

地域の子どもへの支援

地域と連携し、外部の子どもたちへ向けた取り組みも進めています。また、里親支援も行っています。

  • サッカー教室

    サッカー教室

    公民館と連携して、地域の子どもたちを広く受け入れる
    サッカー教室を開催しています。

  • カミングスーン
    こども食堂

    子どもアドボカシー機能

    地域の子どもが気軽に立ち寄ることのできる場をつくり、
    交流や相談を通して、子どもたち自身の力を引き出し、
    悩みや課題の解決に一緒に取り組みます。

  • 家庭支援専門相談員

    家庭支援専門相談員
    (ファミリーソーシャルワーカー)の配置

    卒園した子どもたちの相談援助や、
    地域の関係機関との連絡・調整、
    地域の子育て家庭の相談援助等も行います。

  • 里親支援専門相談員

    里親支援専門相談員
    (里親支援ソーシャルワーカー)の配置

    児童相談所の職員や地域の里親会等と連携して、
    里親を支援し施設と里親をつなぐ役割をしています。
    里親制度について興味がある方は、
    お気軽にお尋ねください。

タイトル飾り

子育て支援短期利用事業

認可待市町村や児童相談所と連携して、様々な理由で
養育が困難な家庭の子どもを短期的に預かります。
  • ショートステイ

    社会的理由(疾病、出産、冠婚葬祭、事故、災害、失踪、出張、転勤、看護及び学校等への公的行事への参加)で一時的に養育が困難な方のお子さんを、短期的に泊まりでお預かりします。利用期間は7日以内。

    ショートステイ
  • トワイライトステイ

    保護者の恒常的な残業・夜勤勤務などで養育が困難な方のお子さんを夕方から夜間にお預かりします。

    トワイライトステイ
  • 一時保護

    緊急的に保護が必要となったお子さんを一時的にお預かりします。

    一時保護