職員の仕事

職員の仕事
職員の仕事
家庭支援専門相談員
家庭支援専門相談員
  • 家庭支援専門相談員
  • 家庭支援専門相談員

    保護者などへの支援を通じて、
    子どもの家庭復帰等を支援します

    小村 尚之平成22年入職

ファミリーソーシャルワーカーとも呼ばれ、保護者などへの支援を通じて、子どもの家庭復帰等を支援します。
また、卒園した子どもたちの相談援助や、地域の関係機関との連絡・調整、
地域の子育て家庭の相談援助等も行います。
家庭支援専門相談員になるには、
1.児童養護施設等で5年以上の勤務経験がある、 2.社会福祉士等の資格を有する、などの必要があります。

この仕事のやりがい

様々な関わりを通して、家族の関係構築を手助け出来るのが喜びです。地域の子育て家庭の親御さんから相談を受け、頼っていただけているのを実感するのも、やりがいを感じる瞬間です。また、子どもたちが帰省からもどった際、帰省中の様子を嬉しそうに話してくれたりすると、私自身も嬉しくなり、励みになります。

とある1日のスケジュール

12:00 出勤・事務作業 日々の記録を書きます。
13:00 電話連絡 児童相談所や家族へ電話をし、状況を確認します。
電話連絡
14:00 ミーティング 家族支援のカンファレンスを行います。
ケースカンファレンス
16:00 家庭訪問 近況の報告をし、親御さんから相談を受けます。
17:00 子どもと遊ぶ 子どもと運動場でサッカーをして遊びます。
子どもと遊ぶ
18:00 夜ごはん・後片付け 楽しくおしゃべりしながら、ごはんを食べます。食べ終わったら、後片付けをします。
19:00 団らん テレビを見たりパソコンをしたり、思い思いの時間を過ごしている子どもたちと一緒に過ごします。
21:00 退勤